北九州ミュージックプロムナード

まちをステージに

 

BRICK HALL ライブハウス情報

住所 〒800-0063
福岡県北九州市門司区大里本町3丁目6−1   (門司 赤煉瓦プレイス内)
TEL 093-391-4411
ホームページ BRICK HALL

FACEBOOK

🔷ブリックホールLive情報🔷 5/11(土) sayan (塩ノ谷 早耶香) / fan meeting 開場13​​:30 開演1​4​:00​入場料金 前売り 3500円(別途1ドリンク)チケットのご予約は↓よりhttps://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01dsct1073znv.html
🔷ブリックホールLive情報🔷 sayan (塩ノ谷 早耶香) / fan meeting 2019/5/11(土) 開場13​​:30 開演1​4​:00​入場料金 前売り 3500円(別途1ドリンク)チケットのご予約は↓よりhttps://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01dsct1073znv.html
北九州・山口で撮影された CLASHの新曲「LONELY」MVが3月27日に公開!ブリックホールでのライブ映像は2:00過ぎ?からhttps://www.youtube.com/watch?v=0bpsUJkVeTg
熊本地震復興支援ライブ「ひとつ」。 長渕剛tribute live 5月5日 13時より入場無料(要1ドリンクオーダー)今年は音楽の街、北九州に会場を移しての開催!私(長渕広樹)の諸事情で熊本での開催を我慢し、「ひとつ」の炎は消せない!という想いから、BRICK HALL 門司での開催になんとか漕ぎ着けました。熊本地震復興支援の主旨は変わらずです!九州各地の長渕剛トリビュートをおおいに感じると同時に、被災地への想いを会場一体となって、集め届けましょう!去年約束した入場無料での開催です!ご家族やお誘い上でのご来場、心より御待ちしてます!CAST:長渕つもり(熊本)Toshi & Keep on fighting(北九州)GUEST出演:SORA(熊本)長渕広樹(田川)長渕つもり Toshi & keep on fightingのフルバンドライブがノンストップで炸裂!弾き語り部はGUESTが担当!迫力あるステージをお楽しみください!*入場無料ですが、受付でお一人様ワンドリンクオーダーをお願いいたします。 *(高校生以下はワンドリンクオーダー制はありません)企画:Office kiss… Hiroki Nagabuch presents
Masa & Junjiro live in brickhall 3/17 日曜チャージ 予約¥3.500 当日¥4.000(1ドリンク付)オープン16時 開演17時▪️木下淳次郎プロフィール1968年 福岡県 北九州市 八幡西区生まれ。1987年 福岡県立八幡高校卒業。シンガーソングライター。これまでに全国流通CD、「KIMI-NO-HIKARI」(キミノヒカリ)、「brand-new feelin’」(ブランニューフィーリン)の、2枚をリリース。東京、横浜を中心に、バンドスタイル & アコースティックスタイルと多彩な編成で、ライブ活動を展開中。これまでに関西、九州、東北などでの公演も、精力的に行なっている。2018年は、香川県 瀬戸大橋開通30周年記念イベントへの出演や、大阪ワンマン公演など。オリジナルの日本語ポップスと、カバーを織り交ぜて、上機嫌なステージを日本全国にお届けしたい。オフィシャルHPhttps://www.kinoshitajunjiro.com/Facebookページhttps://www.facebook.com/junjiro.kinoshita/▪️関 雅夫プロフィール1955年 静岡県浜松市生まれ。1974年  北九州市立小倉西高校卒業。同年、日大芸術学部美術学科入学。1976年 ハイファイセットのサポートベーシストとして音楽業界に入る。以後、庄野真代のサポートメンバーや多くのレコーディング・セッションに参加。1977年 原田真二バンドに参加。後に原田真二&クライシスに改名。1977~1983年 この6年間における原田真二&クライシスの活動の他に、南佳孝、一風堂(一風堂としてデビューする前) 等々のライブ・セッションや数々のレコーディング・セッションに参加。1982年 織田哲郎バンドに参加。以後は、中村雅俊、中村あゆみ、中川勝彦、マリーン、寺尾聰のサポートを務める。 一方では作詞家としても活動を始める。作詞家としてNHKのみんなのうた、フジTVポンキッキ等の他、高橋真梨子等に詞を提供。1985年 2月、西条秀樹の中国ツアーに参加。1988年 山口岩男のサポートを務める。1990年 1989年に浜田省吾のレコーディングを経て、彼のサポートメンバーに参加。1990年 秋から単身渡米、半年間NYにて音楽の勉強。1996年 作曲家としてリラクゼーションCD [Relax-Diet] をリリース。1997年 浜田省吾バンド解散。90年代はプロデューサー佐藤宣彦氏による数多くのレコーディング・セッションに参加。1998年以降自分自身の創作活動に専念。様々なプロジェクトを経て現在に至る。2000年 柿島伸次のアルバム「げんこつ」サウンドプロデュース。「SONG FOR MEMORIES」のサポートメンバーに参加。2004年 バイオリニストMasakiの曲アレンジとライブサポートを務める。バンスリ奏者Indraのライブアレンジとサポートを務める。2007年 松山千春ツアーサポートを務める。2008年 紫門「Qualia」をプロデュース。楽曲を提供する。ロックジャズバンドJazzeal活動開始。三宅裕司のニュース報道番組富士山フジTV番組内での天気予報のBGMにJazzealの曲が採用される。2015年 滝ともはる & Shining Road 加入。[レコーディング参加アーティスト]ハイファイセット、原田真二、八神純子、織田哲郎、中村あゆみ、中川勝彦、山口岩男、佐久間 学、横関 敦、高橋克典、浜田省吾、ZNX、BEREEVE、鈴木康博、久宝留理子、おおたか静流、鈴木トオル、シャズナ、エレクトリック・コンバット、SONG FOR MEMORIES、庄野真代、鈴木雄大、柿島伸次、他多数。[アレンジ、サウンドプロデュ-ス、プロデュ-ス]リラクゼーションCD [Relax-Diet]、柿島伸次「げんこつ」、塩野洋志「1st.アルバム」、紫門「Qualia」他多数 1968年 福岡県 北九州市 八幡西区生まれ。1987年 福岡県立八幡高校卒業。シンガーソングライター。これまでに全国流通CD、「KIMI-NO-HIKARI」(キミノヒカリ)、「brand-new feelin’」(ブランニューフィーリン)の、2枚をリリース。東京、横浜を中心に、バンドスタイル & アコースティックスタイルと多彩な編成で、ライブ活動を展開中。これまでに関西、九州、東北などでの公演も、精力的に行なっている。2018年は、香川県 瀬戸大橋開通30周年記念イベントへの出演や、大阪ワンマン公演など。オリジナルの日本語ポップスと、カバーを織り交ぜて、上機嫌なステージを日本全国にお届けしたい。オフィシャルHPhttps://www.kinoshitajunjiro.com/Facebookページhttps://www.facebook.com/junjiro.kinoshita/

門司区のライブハウス

北九州市内のライブハウス